チャコールダイエット商品として話題を呼んでいる黒汁(KUROJIRU)。

9種類の黒成分と2種類の乳酸菌、さらには250種類以上もの植物や果物発酵エキスが配合されています。

体に良い成分が豊富に含まれており、日本国内だけでなく海外セレブからも支持を得ています。

 

しかし、黒汁には炭が配合されていることから、「副作用が心配・・・」という声も挙がっています。

いくら健康に良い飲み物とは言っても、口から摂取する商品ですから不安になりますよね。

 

そこで今回は、黒汁に配合されている成分の安全性や、健康被害・副作用についてご紹介していきます。

 

そもそも炭は食べても大丈夫なの?

活性炭ダイエットは、ここ最近話題になりつつあるダイエット商品です。

日本での認知度はまだまだ低いので、「炭って食べても大丈夫なの?」と心配になる方もいると思います。

 

結論から述べると、炭の安全性は国からも認められています。

また、美容皮膚科医の田宮エリー先生も、黒汁を推奨しています。

 

黒汁に含まれている炭には毒性はありませんので安心してくださいね。

 

危険?黒汁成分は安全?

フードスペシャリストの方に、黒汁ブラッククレンズの成分・原材料を分析してもらいました。

黒汁に配合されている全成分と、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

黒汁ブラッククレンズの全成分・原材料一覧

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、還元麦芽糖、デキストリン、玄米粉末、大麦若葉粉末、黒糖、食塩、黒スグリ果汁粉末、植物発酵物乾燥粉末、乳酸菌(死菌)、コンニャクイモ抽出物、チアシード粉末、ヤシ殻活性炭粉末、黒高麗人参抽出物、黒酢粉末、黒大豆きな粉、炭粉末、発酵黒じゃばら粉末、発酵黒にんにく粉末、発酵ハチミツ粉末、発酵黒生姜粉末/活性炭、増粘剤(グァーガム)、香料、植物炭末色素、(一部に大豆・ごま・オレンジ・もも・りんご・バナナ・キウイフルーツ・カシューナッツ・くるみ・やまいもを含む)

 

発酵黒ショウガ

高知県産の黄金生姜を黒麹菌で発酵させた、特許出願製法の成分です。

ショウガオールが多く含まれており、体を温める効果や抗酸化作用があります。

 

黒ジャバラ

和歌山県北山村産のジャバラを発酵・熟成させた成分です。

「邪(気)を払う」が名前の由来と言われています。

 

主に抗酸化作用、抗アレルギー作用があり、希少性の高い成分です。

 

黒スグリ(カシス)

ニュージーランド産の黒スグリ(別名カシス)を、オリジナル製法で粉末化したものです。

吸収性に優れた4種類のアントシアニンを含んでおり、高い抗酸化作用を持っています。

 

黒大豆きな粉

北海道産の黒大豆由来のきな粉です。

 

黒大豆の種被にはポリフェノールが多く含まれており、強力な抗酸化作用があることでも知られています。

内蔵脂肪の蓄積を抑制し、燃焼力をアップさせる効果が期待できます。

 

黒酢

鹿児島県福山町の伝統製法で作られた、壺づくりの黒酢です。

長い時間をかけて発酵・熟成されています。

 

  • 血液をサラサラにする
  • 疲労回復
  • ダイエット
  • 美容
  • 抗酸化作用
  • 冷え性改善
  • 便秘改善

 

など、様々な効能が期待できます。

黒ニンニク

にんにくの生産量日本一を誇る、青森県産の最高級品種を使用しています。

 

長期間熟成させることで、通常の黒にんにくよりも高い抗酸化作用が得られます。

持久力向上や冷え性改善作用もある成分です。

 

黒高麗人参

言わずと知れた薬草です。

 

蒸してから乾燥させる工程を9回繰り返すことで、活力成分を増加させています。

抗酸化作用や血行促進作用、抗炎症作用などが期待できます。

 

黒ハチミツ

花から得られた発酵菌の一種で、ハチミツを発酵させたものです。

発酵することで抗酸化力が通常の280倍にも増加するといわれています。

 

黒チアシード

南米産農薬不使用のものだけが配合されています。

善玉コレステロールを増やし、お腹の調子を整える作用があります。

 

水を含むと約10倍に膨張するため、ダイエットにも効果的です。

また、抗酸化物質であるポリフェノールも豊富に含まれています。

 

黒汁の成分まとめ

黒汁は主役級の成分が豊富に配合されている素晴らしいドリンクです。

普段の食事からは摂取することが困難な栄養がたっぷり含まれていますので、健康維持の目的で摂取しても良いと思います。

 

活性炭ダイエットは特に海外で流行しているダイエット方法ですが、その効果は医師のお墨付きです。

ぜひ積極的に摂取しましょう。

 

健康被害・副作用は大丈夫?

フードスペシャリストの方に、黒汁ブラッククレンズの危険性や副作用について確認してもらいました。

すると、「黒汁ブラッククレンズは食品ですから、副作用の心配はありません。」との回答が得られました。

 

ただし、推奨されている摂取量は必ず守るようにしましょう。

ちなみに、日本食品分析センターの急性毒性試験の結果によると、あれば危険性は炭は体重1kgあたり2gまででないそうです。

つまり、体重が40kgの人であれば、80gまでは摂取しても大丈夫だということになります。

 

黒汁の摂取だけであれば全く問題はありませんが、飲み過ぎや他の活性炭食品との食べ合わせにはくれぐれも気をつけてください。

 

黒汁(KUROJIRU)は現役医師認定のダイエット食品なの?

黒汁(KUROJIRU)には、現役医師が注目している成分が豊富に配合されています。

ランキングでも1位を獲得するなど、その人気は計り知れません。

 

黒汁をプロデュースしている住谷杏奈さんによると、自分の子供に飲ませるくらい安全性が高いそうです。

もし黒汁に副作用や危険性のある成分が配合されているのであれば、ここまで人気が出ることはないと思います。

 

下痢・腹痛が起こるって本当?

黒汁には腸内環境を改善する効果があるため、稀に副作用のような症状が出ることがあります。

しかし、これらの症状は好転反応のひとつですので、体内環境が改善している証でもあります。

 

ほとんどの症状はすぐに治まりますが、あまりにも長続きするようであれば一旦服用を中止してください。

症状が重い場合は医師に相談することをおすすめします。

 

黒汁を安全に飲むための注意点

黒汁の過剰摂取はNG

黒汁のパッケージにも記載されていますが、黒汁の1日あたりの推奨摂取量は 12です。

 

34包は飲んでも問題ないと思いますが、110包以上飲むような過剰摂取は避けてください。

過剰摂取をすると、腹痛や下痢などの体調不良が起こるリスクが高まってしまいます。

 

アレルギーの方は摂取を控える

黒汁には大豆やにんにくなどの食物が含まれているため、食物アレルギーを持っている方は注意が必要です。

何かしらの食物アレルギーをお持ちの方は、服用前に黒汁の成分をよく確認してください。

 

妊娠・授乳中の方は注意が必要

黒汁には体に必要な栄養素がたっぷりと含まれていますので、基本的には妊娠・授乳中に飲んでも問題はありません。

とはいえ、妊娠中や授乳中は体質が変化しやすい時期でもありますので、念のため医師と相談してください。

 

まとめ

黒汁には副作用や健康被害が起こる成分は配合されていません。

体の健康維持に必要な栄養素が豊富に含まれていますので、ぜひ率先して摂取しましょう。

 

ただし、何かしらの食物アレルギーを持っている方は注意が必要です。

毎日の健康や美容のためにも、ぜひ黒汁を食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?